秋の京都

今週は、京都のお客様に秋の京都を案内していただきましたので、その様子を書きたいと思います。

霊山歴史館(りょうぜんれきしかん)

まず最初に訪れたのは、霊山歴史館という場所でした。坂本龍馬をはじめ、新撰組、勝海舟などの幕末、明治維新の歴史を展示したミュージアムでした。現代史が好きな私にはとても馴染みのある内容だったのですが、木戸孝允や龍馬など多数の幕末志士達のお墓があり、その数に驚きました。

圓徳院(えんとくいん)

次に霊山歴史館から徒歩で行ける距離にある圓徳院という場所に行きました。ここは、豊臣秀吉の妻ねねが秀吉没後に過ごした場所で、高台寺の一角にあるねねが過ごした場所です。印象深いのが、少し紅葉のタイミングが早かったものの、素晴らしいお庭で、京都の風情をしみじみと感じることができる場所でした。さらに、特別なお茶室にも入らせていただくこともでき、貴重な体験をさせていただきました。

高台寺(こうだいじ)

最後に訪れたのは、圓徳院の向いにある高台寺の夜間拝観に行きました。ここも、半月ほどタイミングが早かったようですが、ライトアップされたお庭は、とても美しく、池に映し出されてた木々が幻想的な印象を与えてくれました。

<番外>京都タワー

今回、お客様と京都駅で待ち合わせだったのですが、1時間ほど前に到着してしまったので、人生初の京都タワーに登ってみました。普段、大きく見える一つ一つの場所も、上から見るとまた違った風に見え、しかも位置関係も再確認することができて、面白かったです。ちなみに、写真は東本願寺です。