私の健康管理

今年で43歳を迎えるワタクシですが、40歳を過ぎたころから日常的に気を付けていることがあります。それが「健康管理」です。

それまでは、特に運動習慣もなく、好きなものを食べ、やりたいことをやるといった好き放題な生活を送っておりました。
その結果、徐々にお腹が出てくるなど情けない体系になり、健康診断の結果も「異常」や「経度所見」などが目立つようになってきました。

イチ会社の経営者としてこのままじゃイカン。男としても、父親としても常に健康で若々しくいなくちゃイカン。ということで、40歳を境にいろいろと試してやってみることにしました。

お酒・タバコ

元々、タバコは吸いませんが、お酒はかなりの頻度で飲んでいました。その結果、慢性的な「脂肪肝」を健康診断の度に指摘されてきました。

対策として、昨年のコロナ騒動以降、家で過ごす時間が増えたので、思い切って家にあるお酒を全て捨てることにし、お付き合い以外での飲酒は極力少なくするように心がけました。

その結果、健康診断での肝臓数値が以前よりも改善してきており、毎日体が軽いですし、たまの飲酒でも酔いにくくなりました。

余談ですが、このお酒とタバコは、合法的なモノではありますが、大麻やコカインなどのいわゆる「麻薬」と同程度の作用と依存性があるとのことですので、健康管理の上ではできるだけ摂取しないのがポイントのようです。

筋トレ

40歳から約3年間ずっと続けているのが、この筋トレです。

週に1回・1時間のトレーニングですが、体形が整ってきただけなく、慢性的な体調不良もなくなり、気力も充実し、更には健康診断の数値もほぼ正常値になるという、体調面の悩みはほぼ解決することに繋がっております。

食事

上の筋トレと合わせて実践しているのが、食事コントロールです。

体形維持する上で必要不可欠なのは、「高たんぱく、低カロリー」なので、当初は食事の内容をアプリで登録してカロリーを計算したりもしていましたが、現在は日常のカロリーバランスをコントロールできるようになってきたので、体重・体脂肪を一定で管理できております。

最後に

そのほか、「毎日体重計に乗る」など習慣を大事にもしておりますが、ポイントは「無理せず長く続ける」だと思います。

やはり、体が一番のベースになりますし、これから年齢を重ねれば体力の低下は避けられないことから、これからも健康管理には気を使っていきたいと思います。