ツールドフランスの魅力について

今年で106年目を迎えるツールドフランス。 フランス全土約3,000km以上を21日間かけて走る自転車レースです。 全く自転車に乗らない私ですが、昨年からなぜはハマってしまい、今年も始まるのを楽しみにしておりました。

https://www.jsports.co.jp/cycle/tour/

そんなツールですが、私が面白いと思うのは、以下のような様々な賞が用意されており、色々な特徴を持った選手それぞれにスポットが当たるところだと思います。

  • 21日間、毎ステージで1位の選手に送られるステージ優勝。
  • 各所に設けられたチェックポイントでの順位に応じた点数を争う、スプリンター向けの賞、マイヨ・ヴェール。
  • 山岳の頂上に設けられたチェックポイントの難易度、順位に応じた点数を争う賞、マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ。
  • 1994年1月1日以降に生まれた選手の中から、個人総合タイムトップの選手に与えられる賞、マイヨ・ブラン。
  • 各ステージで勇敢な走りをした人に送られる敢闘賞。
  • そして、21日間で最も少ないタイムで走った選手に送られる総合優勝のマイヨ・ジョーヌ

私は「一隅を照らす」という言葉が好きですが、ツールはまさにこの言葉を形にしたような競技だと思うので、いちファンとして今後も楽しみに見ていきたいと思います。

最後に、個人的に応援している選手は、数日前まで総合首位(マイヨ・ジョーヌ)だった、J・アラフィリップ選手。小さな体ですが、爆発的なスピードと、上りをものともしないパワーを兼ね備えており、再度、首位奪還を目指して激走してもらいたいです。