ジャカルタ・バンコク視察 その②

その①に引き続き、ジャカルタ視察の様子をレポートしたいと思います。

3日目(市内散策・企業視察)

3日目の最初に訪れたのは、ジャカルタの中央公園にそびえ建つ、「モナス」を訪れました。モナスは、全高137メートル、「消えることない火」という意味で、独立戦争当時のインドネシア国民の闘志を象徴している記念塔です。中にはエレベータが設置されており、ジャカルタ市内を一望することができるそうです。(我々は遠くから見ただけで、公園には入りませんでした)

次に市内から、30分ほど北に進んだところにある、日本でもお馴染みの「イオンモール」に行ってみました。周囲には、これから開発が進んでいくであろう宅地が広がっており、商業施設を中心としたまちづくりが着々と進んでいる様子をみることができました。店内はほぼ日本のイオンと同じ感じで、品揃えも日用品を中心に幅広い商品を並べていました。

次に、訪れたのは日本でレッカー車の販売・サービスを行っている「山口レッカー」さんのレッカー車を拝見しに、いすゞのサービスセンターを訪れました。写真は社長の山口さんですが、2012年にシンガポール法人を設立し、2013年にタイにも現地法人を設立、現在はインドネシアへの展開を積極的に進めておられ、とてもアグレッシブで戦略的な方の貴重なお話をお聞きすることができました。

3日目の最後に、山口さんの取引銀行である「MayBank(メイバンク)」を訪問させていただき、ジャカルタでの市況やビジネスの現状について、生々しいお話を聞くことができました。

その③へ続く